UberEatsウーバーイーツ千葉が始まった!はじめての配達

ウーバーイーツ千葉 ウーバーイーツ千葉在住配達員の体験記

 ウーバーイーツに登録して、都内でのレンタル自転車も契約して、さあ秋葉原あたりに(千葉に近いので)配達に行くぞ!と思っていた2018年12月4日にウーバーイーツ千葉が始まってしまいました。いや、始まりました。

 待望のウーバーイーツ千葉なんですが、範囲は市川市、浦安市、船橋市と東京都江戸川区の一部

 僕が住んでいるのは市原市。他県の人から9割くらいの確率で市川市と間違えられる市原市です。市原市は、千葉市の南でチーバくんでいうと胸の辺りです。

 市川市、浦安市、船橋市、、、遠い。都内に行くのとさほど変わらない

 けれど、せっかくなので千葉で始まったウーバーイーツの初日に記念すべき第一回目の配達に行って来ました。

ウーバーイーツ千葉でのはじめての配達

 さてさて、ウーバーイーツの千葉の範囲は、ららぽーとのある南船橋からディズニーランドのある浦安市あたり、総武線の東船橋あたりから小岩の手前くらいまで、と江戸川沿いに柴又あたりまでという範囲です。

UberEATSウーバーイーツの千葉エリア
ウーバイースト千葉のエリアは、船橋市と市川市、浦安市と江戸川区の一部(江戸川区はもちろん千葉じゃないけど)となっています

 とりあえず、市原から一番近い京葉線の南船橋駅のららぽーとあたりに行って待機してみることにしました。

 停めた駐車場は、船橋競馬場の駐車場。 平面の駐車場で、最大の駐車料金が24時間まで500円だったので。

ウーバーイーツ 平面の駐車場

 近所に2時間まで無料の立体駐車場もあったのですが、立体駐車場だと車しか通らないぐるぐる道を降りなくちゃいけないし、帰りが登りで大変そうだし、警備員の人に変な目で見られそうだし、ということで平面の駐車から選びました。

  今日は、家からの出発準備に時間がかかってピークの時間帯のお昼時を過ぎてしまい14時頃からの待機になりました。

 いつでも出発できるように自転車を車から出して、ドキドキの初出発ポチ。オンラインにして(配達しますよーという状態にして)待機開始です。

ウーバーイーツ千葉 待機

スマホの画面に「乗車を探しています」と出て、いつ来るかいつ来るかと待ち構えていたのですが、なかなか来ませんでした。

 場所が悪いのかな?時間帯が悪いのかな?それとも、まだ始まった初日だからそもそもウーバーイーツ使う人がそんなにいないのかな?と駐車場で1時間ほど待機していました。

 車があるってのは、待機時間が長いときにはいいですね。車の中で、途中のコンビニで買ったコーヒーを飲みながら、ワンピース91巻(この日が発売日)を読みながらまったりと過ごしていました。

 そんなメリットはあるものの、別の場所に移動して待機しようと思っても車だとそうそう場所を変えることができません。あっちこっち駐車場を移動したらその分駐車料金ばっかりかさんじゃいますからね。どこの駐車場に車を入れるかは、この先の課題になりそうです。

 待機時間が一時間を過ぎ、「うーん、、、今日はだめかな〜、日を改めようかな〜」と思い始めたいたところに、

 ピコーンッ!だったかトゥルリンッ!だか音は忘れちゃいましたけど、記念すべき初の乗車の連絡が来ました。

ウーバーイーツ千葉 はじめての配達

 ものすごく待っていたはずなんだけど、来たら来たでうわっ、どーしよどーしよ、来ちゃったよ、拒否するか、、、いやいや拒否しちゃダメだろッ、なんのために一時間も待ってたんだよ、みたいなことが一瞬のうちに頭をぐるぐるとめぐっていましたが、ドキドキしながらポチッとしてついに初の配達をすることになりました。

 ドキドキしてどう操作したのか忘れちゃいましたが、受取先の店舗へのナビがGoogleMapで始まりました。

 ウーバーイーツのカバンを背負って、さっそく店舗に向かいます。

 ナビでは店舗までの時間が20分と表示されていました。うわっ20分、遠い!と思ったんですが、グーグルマップのナビが徒歩の設定になっていたので、自転車をこいでいるうちにぐんぐん時間は減っていきました。(今あらためてスマホのスクショを見ると7分って書いてあるので、7分が自転車での所要時間なんですね)

 知らない土地で全く土地勘がないので、とにかくグーグルマップだけが頼り

 地元だと、あの道は自転車走りにくいから、回り道して走りやすい道を選ぶとかできるけど、Googleさんはとにかく最短の道、自転車は歩道は走れないし、かと言って車道の左側に自転車の走るスペースがある道路なんてほとんどない

 とにかく車と人に気をつけて、グーグルマップを見ながら店舗に向かいました。ウーバーイーツは時間制限はないので、焦って走ることはないのだけれど、そうは言ってもなるべく早く受け取って、なるべく早く届けられたほうが、配達員も店舗もお客さんもいいに決まっています。

ウーバーイーツ千葉 配達イメージ※写真はイメージです

 えっちらおっちら目的の店舗についたら、自転車を停めてバッグを背中からおろし、自転車からスマホを外してふうっと深呼吸してから店内に。

「こんにちは!ウーバーイーツです!」とどのくらいの大きさの声で、どのくらい引きつった笑顔で言えたのか分からないけれど、とりあえず言った。

 店舗の人も初ウーバーイーツだったみたいで、「いつもウーバーイーツで配達しているんですか?」「どこから来たんですか?」などの興味津々。

「えっと、、、初めてです」「今日が千葉の初日なんで車に自転車積んできました」みたいな回答をしつつ、注文番号をチェックして料理を受け取りました。

 カバンは小さいままで入る商品だったので良かった。カバンに商品を入れて、動かないようにバスタオルで隙間を埋めて、

「お預かりします!」と言って店舗を出ようとしたら、「あ、これっ!」とお店のお姉さんが声をかけてくれました。ドギマギしていてスマホを忘れるところでした。

 お店の方々は、みんな笑顔で感じが良かったので、ちょっと緊張が和らいだような、、、終始ドキドキはしていましたが。

 店舗を出て、スマホで受け取るお客さんにチェックを入れて、店舗の評価をグッドとバッド(Facebookのいいね!みたいなやつ)をして、今度はお客さんのところへ出発。

 のはずなのですが、ここでトラブル!

 お客さんのところまでのナビが始まらない。あれ?どうして?どうやったらナビがスタートするの?グーグルマップだけが頼りなのに。

 慌ててウーバーイーツのアプリをあれこれタップしてみたり、グーグルマップを開いてみたりしたけど、いっこうにお客さんの住所へのナビにならない。仕方ないので住所をコピーしようとしてもタップでのコピーもできない。ので、手入力で住所を途中まで入れて、ナビ開始、とりあえず出発

ウーバーイーツ千葉 配達イメージ2※写真はイメージです

 入力した住所までは、ほん1,2数分で到着。ここでちょっと落ち着いて改めて、詳細の住所まで入力してサイドナビ開始。

 そしたら、あれ?いま来た道を戻るようにナビゲーション。

 やっちまった。最初から全部住所入れればよかった

 来た道をほぼほぼ戻って、受け取った店舗から数百メートルのところで待っていたお客さんの元へ。

 おおっ!来た来た!と、駅前のいかっくで待っていたおきゃさんが手を上げてくれたので、すぐに分かった。

「すいません。お待たせしました!」と店舗の受け取りのとき以上に引きつっていたかと(道間違えて焦っていたので)。

「全然違うところに行っちゃたねー。迷っちゃったの?」とお客さん。

「すいません。ナビがうまく作動しなくて、、、」(ナビが作動しなかったのはホントだけど、住所を最初から全部入れなかった自分のせいだけど)

「これすごいね!どこ走ってるかずっと見れるもんね」(えーー!そーなんだ!)

とりあえず、遅れたお詫びとご挨拶をして、ここでもウーバーイーツに興味津々のお客さんと「ほかでも走ってるんですか?」とか「え!初めてなの!」的な会話を交わしながら、
商品をお客さんにお渡し。

「あーこーゆーふうに来るんだねー」と店舗から500mも離れていない外で待っていてくれたウーバーイーツを試してみたかったお客さんでした。

 このお客さんのおかげで、僕は市原から車に自転車を積んでわざわざ船橋まで来た甲斐がありまた。

 「ありがとうございました!」とその場を離れて、アプリで配達の評価(お客さんの評価)をして、配達済みに

 この場で次を待つか迷いましたが、一旦オフラインにして(配達を受けない状態にして)車まで戻ることに。

 第一回目の配達が終わったので、その記念の写真。

ウーバーイーツ 配達終了

 帰りはゆっくり道を確認しながら走りました。一回走ると、その道は何となく覚えるので、配達すればするほどその場所の土地勘はついてくるんだろうなと。

 アプリの使い方も一回配達すれば分かるくらいシンプルだし。ただお客さんのところのナビが始まらなかったのは、アプリの不具合なのか、僕の操作の仕方が悪かったのかは謎。次回確認しよう。

 車に一旦戻ってオンライン(配達を受ける状態)にしてしばらく待機していたけど、乗車の依頼は来ませんでした。

 僕的には、最初の一歩を踏み出せて満足できたので、この日は帰ることにしました。

ウーバーイーツ千葉 配達初日の収支

ウーバーイーツ千葉初配達収支
【かかった費用】
自宅から船橋あたりまで約30km。車の燃費を10km/Lとして、1Lあたりのガソリン代を150円とすると、往復で

ガソリン代 900円
駐車場代 500円

合計 1400円

【配達で稼いだ金額】
404円

収支  -996円

赤字(T_T)

 次回は、ちゃんとお昼前に行ってピークタイムに、もうちょっと本数乗れるようにしよう。

 久々にドキドキしたけど、お店の人、お客さんとのやり取りが思っていたより楽しかった。

コメント